黄連谷右俣から甲斐駒

アイスクライミング

2019年12月31日(火)曇り

早朝、都内を出発。7時過ぎには竹宇駒ヶ岳神社の駐車場着。

県の職員の方が登山届の提出状況を確認していました。

我々は会に提出済みということで問題なし。

※山梨県は登山届が義務化されました。

神社で今回の山行の成功をお祈りし、重荷を背負って黒戸尾根に突入。

徐々に積雪のある道となった横手との分岐手前から完全な雪道。

ダラダラ登りが続き、やっと刃渡り。ここでアイゼンを着用。

刀利天狗までの鎖場・階段をこなし黒戸山のトラバースへ。

風が強く吹き始めたころ五合目に到着。整地してあった樹林の中に幕営。

谷に降りるルートを15分ほど偵察に、

トレースがバッチりあったので翌日はこれを利用。

今回のテントはmonbelのステラリッジ3をデビューさせた。

軽いのはいいのですがフライが薄すぎてテントが暖まらない。。

スノーフライがあった方が良さそう。。

刃渡り

竹宇駒ヶ岳神社駐車場 7:40 – 五合目 14:00

2020年1月1日(水)晴れ

夜は一晩中風が吹き荒れていた。予定通り準備を終えて出発。

稜線から離れると風の影響は無くなり快調に降りる。

黄連谷に降り立つってしばらくすると明るくなったので

行動開始。一つ目の滝は釜が大きく出ていて巻く。

そして、坊主の滝。あれっ、ほぼ雪が乗っかっちゃっている。。

易しいところを登る。六丈沢が左から入り、すぐに二俣。

トレースは左も右もあった。

天気も良いし、トレースもバッチリ?氷があるかわからないけど

進むことにした。

奥千丈の滝も下部のみ露出。。

ソロの人に抜かれる。(小屋番の人だった)

そして瀑流帯。ほぼ雪面ですが、ソロの人のトレースに助けられる。

振り返れば八ヶ岳がバッチリ。風の影響がないので快適。

標高があがってきたので冷え込んできた。

奥の滝に到着。易しいけれど堅い。でもこれが最後の滝。。

登りきるとあとは頂上へ雪面登高→ラッセル。

頂上へは右の尾根に乗るとのことだったがよくわからないので

そのまま沢通し。

石碑が林立するあたりの頂上直下の稜線に出ると、富士山がお出迎え。

そして初日とお目見えでした。お日様暖かい。

2018年末に行った塩見を遠望できた

記念撮影等下降の準備をして七丈小屋へ到着。酒類を購入してベースへ。

明るいうちに戻れてよかった!

翌日は下るだけなので残酒処理。

五合目5:00 → 6:10黄連谷・登攀開始6:30→6:50 坊主の滝→7:30二俣→8:25奥千丈の滝→11:10奥の滝→14:15山頂→15:30七丈小屋→16:30五合目

2020年1月2日(木)晴れ

夜中はやはり風があったのですが爆睡。

予定通り起床して、予定通り下山開始。

今日も天気が良くて快調に下山となりました。

帰りの刃渡り

五合目7:15→11:00竹宇駒ヶ岳神社駐車場

アイスクライミング
八ヶ岳南沢大滝・小滝

今シーズンのアイス納めに行ってきました。 数十年に一度にして欲しい暖冬。。 しかし、凍るところは凍る …

アイスクライミング
醤油樽の滝

ぼちぼち氷も融けそうなのでここならと、醤油樽の滝。 2ライン取れましたね。

アイスクライミング
広河原左俣・大滝まで

久しぶりに広河原左俣へ行ってきました。 今回は大滝までで引き返しました。 林道を歩るくと堰堤まで車が …