赤岳主稜(2018年3月)

アルパイン等

会の新人を連れて大分ご無沙汰であった

赤岳主稜へ行ってきました。

 

聞くところによると

都内から朝発で日帰りで赤岳主稜に行って帰ってくるのは

なかなかレアケース?らしく。

私は新人の頃からそんなのばっかりでしたので

泊りで行く方がメンドクサイというか効率的ではないような気がしてます。

※個人的感想&意見でございます。

さて、行程ですが

南沢は相変わらずのツルツル地帯を抜け、大滝分岐、摩利支天分岐を越えて

なんか長いなと感じる河原あるき(雪原)を堪能するころ行者小屋。

テント2~3張。。ガラガラ。

天気は回政無風で気温もそれほど下がってない。

春を感じる陽気というか春そのもの。

文三郎尾根へのトレースは幾つかさまよった形跡のあるものも

ありましたが概ねロスなく階段地帯へ。

まぁこの辺りは想定内なので体力の消費はしかたありません。

相方はどうもこの急登に悶絶しておるようでした。

何だかんだで山頂へ、下山は地蔵尾根へ、さくっと下山して

南沢より北さのほうが足場と取り回しが上手なので、迷わずそちらへ~。

アイスと多少違うので戸惑いがありましたが

ものもろ順調でしたよー。

 

 

アルパイン等
川上村・野猿返し

小川山?ではなく、大弛峠へつながる林道方面(東俣沢)にある マルチピッチの「野猿返し」を登ってきまし …

アルパイン等
三ツ峠・屏風岩

久しぶりに会員5名での三つ峠 都内組3名は先に到着してまだ誰も登っていない 中央カンテを登る。 私は …

アルパイン等
西穂高とコブ尾根

4/26(金)夜発、沢渡で仮眠後に割と早いタクシーを拾って上高地へ。 岳沢までは夏道が多くて雪の少な …