赤岳主稜(2018年3月)

アルパイン等

会の新人を連れて大分ご無沙汰であった

赤岳主稜へ行ってきました。

 

聞くところによると

都内から朝発で日帰りで赤岳主稜に行って帰ってくるのは

なかなかレアケース?らしく。

私は新人の頃からそんなのばっかりでしたので

泊りで行く方がメンドクサイというか効率的ではないような気がしてます。

※個人的感想&意見でございます。

さて、行程ですが

南沢は相変わらずのツルツル地帯を抜け、大滝分岐、摩利支天分岐を越えて

なんか長いなと感じる河原あるき(雪原)を堪能するころ行者小屋。

テント2~3張。。ガラガラ。

天気は回政無風で気温もそれほど下がってない。

春を感じる陽気というか春そのもの。

文三郎尾根へのトレースは幾つかさまよった形跡のあるものも

ありましたが概ねロスなく階段地帯へ。

まぁこの辺りは想定内なので体力の消費はしかたありません。

相方はどうもこの急登に悶絶しておるようでした。

何だかんだで山頂へ、下山は地蔵尾根へ、さくっと下山して

南沢より北さのほうが足場と取り回しが上手なので、迷わずそちらへ~。

アイスと多少違うので戸惑いがありましたが

ものもろ順調でしたよー。

 

 

アルパイン等
那須・朝日岳東南稜

お手軽バリエーションに行ってきました。 大丸駐車場から快適な登山道を進み、「4」でアイゼンや装備を装 …

アルパイン等
妙義・金鶏山から筆頭岩

数年前から冬に入る前に妙義参りしていますが、TDさんが見つけてきてその計画に乗った金鶏山は最上級でし …

アルパイン等
湯沢・飯士山負欠スラブ

快適なスラブがあると聞いて、出撃 ジム仲間のT岡さんも参戦。 紅葉は綺麗だし、スラブは快適だし、降り …