乗鞍の善五郎の滝

このエントリーをはてなブックマークに追加

駒ヶ根ICからすぐの野猿の岩場の氷を登りに行ったのですが
初見で見当がわからず、対岸へ徒渉したものの水がジャージャー流れる堰堤が
A沢とはわからずに下流へ下ってしまいました。BCD沢は上流でした。。
また登り返すのが億劫なのと結氷状態が悪いと勝手に判断し(前々日から暖気と降雨)
乗鞍なら標高高いからよいかもと善五郎の滝へ転進しました。

駒ヶ根から高速で松本へ移動、乗鞍へ向かう。
青空が広がりとても良い雰囲気。
善五郎の滝の駐車場はギリギリ1台空いていた。

雰囲気の良い樹林帯を15分くらい、スノーシューツアーの人たちが
圧雪してくれているおかげで快適なアプローチ。

お初の善五郎の滝は真ん中がぽっかり大きく落ちてしまっていた
ここも暖気の影響で前日に崩落してしまったようです。

アイスクライマーで盛況でしたが
到着したのが13時過ぎだったのでぼちぼち終了する人達や
まったりしているパーティもいるので
右側のやさしくて短いところを登らせてもらった。
SAKKさんが登り切って上部の落ち口へ上がったところで
どうやら真ん中の長いルートが空いたので上からロープを垂らしてTRにした。
各自1本登って休憩。ガッツある女子パーティがリードするのでロープをよけてあげた。

SAKKさんに右側の短いところをリードしてもらった、久しぶりにフォローで回収。
足場がしっかりしていると安心できるのでリードでもテンパらないとのことです。

最後に真ん中をTRで登って終了しました。
埼玉と富山からやってきた女子2名のクライマーは
翌日は乗鞍の三本滝を登りにいくとのことでした。

我々は、17時過ぎていたので近くて慣れている
沢渡の足湯に行って幕を張り宴会となりました。

あ、野猿の岩場は東京朝発で日帰り圏内です、ICから近いですよ!

カテゴリー: アイスクライミング   パーマリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。