前穂北尾根(2日目)

2日目は北尾根を登り上高地に下山して帰京という行程。
3時に起きると満天の星空で快晴間違いなし。
準備を済ませて5時過ぎに出発、
テントは一足さきに上高地へ下山するOさんに預ける。
2010_09_11kitaone02.jpg
モルゲンロートの北尾根


5・6のコルまではそれなりに予習をしておいた、
池との分岐からは草付きで先頭は露払いの刑、合羽ズボン着用でしたが
靴の中までびしょびしょになりました。
2010_09_11kitaone02.jpg
2010_09_11kitaone02.jpg
本谷ガレを越え、ちょこっと尾根を越え
5・6のコルにのびる沢を横切り小尾根に乗る、
振り返るとOさんが手を降っているのが小さく見えた。
その後はしっかりとした踏み跡を進むが
一箇所ちょっと間違えて後続にロープを投げました。
2010_09_11kitaone02.jpg
2010_09_11kitaone02.jpg
2010_09_11kitaone02.jpg
そしてザレのトラバースを通過して5・6のコル到着。
吹き抜ける風が強く冷たい。
2010_09_11kitaone02.jpg
ここからは6名なので2パーティに別れて行動する。
私のパーティーが先頭で5峰は皆一緒に登る、
2010_09_11kitaone02.jpg
IV峰が目前に迫る。
4峰の下部は涸沢側から、上部は奥又側へ、
そこからルーファイを別に行う
稜線通しに行ってみるが判然としない登ろうと思えば行けるが
女子2名のことを考えて後続Pが行ったトラバってルンゼを登るルートを追う。
2010_09_11kitaone02.jpg
休憩中
2010_09_11kitaone02.jpg
IV峰頂上
2010_09_11kitaone02.jpg
III峰
4峰頂上の手前で合流して3・4のコル。
ここは広い、風が吹き抜けて寒い~。
前穂の北壁、東壁などが見えて4年前の懐かしい記憶が戻る。
登攀準備を済ませて私のトップで登る。
ちなみにフラットソールを持ってきていないので
アプローチシューズのまま登る。
2010_09_11kitaone02.jpg
ルートは幾つかか取れるようですが
1ピッチ
一番やさしそうな左側のルートを登る、
ハーケン2本の終了点があったので
ちょい短めでしたがナッツで補強して後続をあげる。
2ピッチ
チムニーを眺めながら右手の岩の詰まった登路を進む
途中で岩の間から奥又白池が見ることができた不思議な感じ。
ほぼ歩き、お助けロープが伸びている所を
登ったところで切る。
2010_09_11kitaone02.jpg
3ピッチ
右の凹角を登る、登ったところでほぼ終了
2ピッチ目を短く切ってしまった。(余裕で2ピッチでいけます。)
ロープを伸ばし安定したところで岩角でビレイ。
ここで足が痛いと言っている
外反母趾コンビは靴を履き替え、歩いて3峰頂上。
すぐ2峰の頂上、そして本日のメインイベント?
せっかくなので数Mのクライムダウンしてもらいました。
もちろんロープで確保していますが
高度感がバッチリな為?約1名躊躇しまくりでした。
2010_09_11kitaone02.jpg
II峰のクライムダウン、確保付き。
2010_09_11kitaone02.jpg
後続Pは懸垂
2010_09_11kitaone02.jpg
そして数分でI峰、前穂の頂上に到着しみんなで握手して後続Pと一緒に記念撮影。
2010_09_11kitaone02.jpg
下山開始
2010_09_11kitaone02.jpg
岳沢パノラマ
2010_09_11kitaone02.jpg
岳沢ヒュッテあらため岳沢小屋
急坂の重太郎新道を下り、岳沢小屋で休憩したりしながら
4時間ちょいで岳沢入口にOさんがビールを
冷やして待っていてくれました。
帰りはお風呂に入って時間が押しているので
とりあえず高速に乗って
渋滞の様子を見ながら八ヶ岳PAで食事と精算、
渋滞は解消していき11時前には大山交差点に到着。

アルパイン等
稲子岳南壁

久しぶりに北八つの稲子岳南壁へ行ってきました。 アプローチは静かな森を歩き穏やかな雰囲気の中での登攀 …

アルパイン等
三つ峠マルチ2本と山頂

中央カンテはつるべで登る。 荷物背負って一般ルート~T字クラック~山頂そのまま下山。 T字クラックは …

アルパイン等
富士山と三つ峠

6/24(土) 開山前の富士山へトレ、富士宮口。 SAKKさんにお付き合いいただき、休憩込みで3時間 …