湯檜曽川本谷

天気が微妙な中、深夜の東京を離れ群馬へ関越道は雨。。
谷川岳ロープウェイのベースプラザで仮眠。
しかし、酒宴の後かなり散らかっていますね。。
ガスコンロ使っちゃまずいんじゃないのかなぁ。
2008_09_15yubiso1.jpg
草紅葉の朝日岳、綺麗なところでした。気持ちいい。
この後の下山はなかなかこたえました。。
湯檜曽川 本谷
入渓点からすぐ魚止ノ滝


9/14(日)
朝起きてみると、晴れ間が見え、
仕入れた天気予報も回復傾向で降水確率も低いということで
予定とおり行動することに。
まずは、武能沢出合いまで登山道を2時間。二人組のパーティが準備中。
沢仕度をし湯檜曽川へ降り立った所が入渓点、すぐ魚止の滝。
右岸の壁を残置スリングを掴みながら上がり
一旦樹林帯に入りちょっと巻いてゴルジュの上に降りバンドを進む。
湯檜曽川 本谷
小、中入り混じる滝とナメをいくつか越え、ちょっと深い釜を持つ滝で対岸に渡るのに
湯檜曽川 本谷
湯檜曽川 本谷
最初の泳ぎ(2Mくらい)、冷たいけどそれまで暑かったのでちょうど良い感じ?
またちょっと暑くなってきたころに河原が広がり右折するところがウナギ淵。
湯檜曽川 本谷
まずは観察、ちょうど25Mプール1コース分くらいなゴルジュ。(泳いだのは15Mくらい?)日が差していて暑いので、泳ぐことに。先頭はYさん
湯檜曽川 本谷
後続はMさん、私の順。やっぱり重いですねザック、前は見えなくなるし
(やっぱりヘルメットはしまっておくべきでした)、靴を履いているとうまく水を蹴れない感じ、ちょっとの流れでもなかなか前へ進まない。
必死で泳いだらYさんとほぼ同着。
振り返るとMさんが入水地点数メートルで立ち往生。
Yさんが左岸に上がりロープを投げてMさんキャッチそのままひっぱり救出完了。
冷たくて太ももがちょっとピリピリしびれ、あっという間にブルブル。
Mさんよくあそこで我慢してましたね。
その後も少しゴルジュがあったり30Mのナメ滝など堪能していると十字峡。
湯檜曽川 本谷
正面に抱返り沢の大滝、本谷は直角に左折する。
湯檜曽川 本谷
湯檜曽川 本谷
しばらくして2段20Mの滝、先行2パーティがロープを出しているのが見えます。
1段目は容易、2段目から滝左の乾いた所を登る。
ロープを出し私トップ、2箇所支点を取りロープいっぱいまで。
この後はそこそこの滝も出てきますがナメも多く癒されます。
湯檜曽川 本谷
湯檜曽川 本谷
湯檜曽川 本谷
自分の足サイズの甌穴
湯檜曽川 本谷
しばらくして前方に10Mの垂直の滝が見え、先行パーティが登攀中。
滝に打たれながら左へトラバース後直上するのが簡単のようですが
薄日になっていたので寒そう。
湯檜曽川 本谷
先行パーティと同じく滝右を左上することに、Yさんトップです。
ピンは3箇所と残置スリング有り、足元は滑ってました。
また穏やかな渓相になり、好きなところを登ったり歩いたり。
湯檜曽川 本谷
湯檜曽川 本谷
そして赤茶の2段釜滝。
ここは私が先頭を歩いていたのですが
1段目を登っている記録の印象が強く、何も考えずさっと登ってしまった。
(通常は2段とも巻くようです)、2段目、傾斜強く残置も見当たらない。
直登はできそうにない
(落ち着いてよーく見ると1つ残置を発見、滝右を登るようだった)、
左岸を巻くしかなさそうですがホールドスタンス共に細かく見るからに悪そう。
Yさんが慎重に登り、姿が見えなくなって数分後ロープが降りてきました。
慎重さを欠いたことに責任を感じてしまい、意気消沈している最中でもあり
なんだか身体がぎこちなくてホントーに悪い巻きでした、
一歩間違えば進退窮まっていた可能性もあった。
末端私だったのでそのままトラバース、踏み跡は上へ上がっている。
ここで一旦切って二人を迎え入れ、Yさんが更にトラバース、
無線で連絡が入りMさんと同時に進むと既に沢床へ立っているYさんが見え、
Mさんはゴボウ、私は懸垂で沢に戻る、疲労がでてきた。
湯檜曽川 本谷
湯檜曽川 本谷
消沈していてもまだ40M大滝があるので気を取り直し、
小滝を越えているうちにまた調子が戻ってきた。
40M大滝は1段目、階段状を私トップ。
2段目はYさん、滑った左壁を乗り越し草付へ入り込む。
最後は草付バンドをトラバースして滝上へMさん中間、ラスト私。
大物が終わり、後は幕場(二俣)へ向けて頑張る。
上に電線が見えるので位置確認はしやすいけど、なかなか二俣に到着しない。
途中、先行パーティが既に焚火や酒宴をやっている所を通過、
賑やかな4人パーティ宴が楽しそう、私達ももうちょっとガンバで、
そこから15分ほどあがった所が二俣でした。
二俣には誰も居ません。本日の入渓パーティは雪標いれて3パーティ。
Yさんが快適な幕場を見つけ本日の行動終了。
あまり良い薪はありませんでしたが粘って着火し、宴会開始。
湯檜曽川 本谷
すぐ日が暮れて冷えてきたところで星が見え、さらに中秋の名月で月見酒。
しかし疲れていたので9時くらいに寝床に、寝不足もあり気持ちよく寝れました。
9/15
天気は晴れのち曇り
翌朝6時出発の予定でしたが寝過ごして5時半起床、朝ご飯もたっぷりいただき
7時半出発。他のパーティは出発済み(二俣を通過していきました)。
いくつか小滝を越え、徐々に傾斜が急になり顕著な二俣がもう一度出てきますが右へ。
その後も小さい二俣がでてきますが右へ右へ。
湯檜曽川 本谷
水流がなくなりそうなところで下山に使う水を汲み稜線へ詰めて行きます。
しつこくない藪漕ぎ、だんだん藪が低くなり眺めも良好になってくると朝日岳の草原帯、登山道と合流し
てすぐに賑わう朝日岳山頂、完登の握手。
湯檜曽川 本谷
先行パーティは藪漕ぎ中クマに遭遇したとか。
沢装備を解き充分休憩し朝日岳を出発、
アップダウンを繰返し笠ヶ岳を経て白毛門。
そして白毛門の下り、踏ん張りが利かなくなり、膝に違和感が出始めたかけた頃
登山口に無事到着。下り4時間半くらいでした。
晴れていたら暑くてもっと疲労が強かったと思う、
反省と修正すべき点多々ですが、沢中は晴れて下山は程よい曇りと天気に恵まれ良い山行ができました。

沢登り
落葉の釜の沢東俣

台風2発の影響?時期が遅い?落葉が進んでいました。。 思い立った計画だったので日帰りで登り8時間でし …

沢登り
小川谷廊下2017年7月

昨年は沢登りしなかったので2年ぶり。 初めのうちは少々緊張しまして~。 梅雨明けしたのに梅雨っぽい雨 …

沢登り
モロクボ沢

恒例の足慣らし。 昨年、西丹沢自然教室近辺のキャンプ場で痛ましい事故があった影響なのかキャンプ場や河 …