奥秩父・豆焼沢

今回はHさんのNew沢靴アクアステルスラバー(柳又)の慣らしです。
大滝の直登も目的の一つです。
前夜は豆焼橋の「出合いの丘休憩所」で仮眠、
涼しくて非常に快適です。都会は熱帯夜だったと思います。
豆焼沢
大滝50M


8/3(日)は秩父地方は晴れで気温35度の予報。
5時起床6時過ぎに出発し出会いの丘の施設の裏から豆焼沢に向けて急下降。
小滝をいくつか越えると雁坂トンネルに架る橋の下、ホチの滝へ到着。
直登は無理なので右岸から高巻く。
豆焼沢
ホチの滝、頭上に雁坂トンネルの橋。
数分間隔で滝が出てくる感じで大体の滝が直登可能、
天気が良く日差しも強いので明るい渓相、
釜がある滝には釣り師の姿も(釣り師は2組会った)、
そんな時は邪魔にならないよう静かに高巻く。
一度、ちょっと手前から高巻いて懸垂になりそうでしたが
下を覗くと釣り師が歩いているのを発見??巻き戻しも有りました。
豆焼沢
大滝の手前で今朝、駐車場で準備していた若者3人のパーティに追いつく。
『東京周辺の沢』の表紙になっている、50M大滝に到着。
休憩して登るかどうか相談、高巻きは左から。
充分休憩して、いける所まで行ってみることに。つまりは登り切るってことですね?
1ピッチ目Yさんカッパ着てを水流中からすぐ右へトラバースし、
ちょっと高さのある段差の前に潅木で支点を取り乗り越える。
乾いた岩に移り壁沿いを、じりじり登っていきます。
ちょっとした茂みで潅木数本でビレイ点を工作しているのが見え、
しばらくしてビレイ解除のコール。ビレイ中は寒くてブルブル。
豆焼沢
大滝1ピッチ目
Hさんはロープフィックスしてタイブロックで、
私は末端で登ります、シャワー浴びながら滑りながら強引に登り1ピッチ目終了。
到着すると私の所にハーケンがいっぱい集まってきました。
2ピッチ目は私の番なのです。躊躇しても時間の無駄なので
とりあえず2Mあがり潅木で1本目の支点取り、上部の様子を伺う。
水流からは少し離れているので水は浴びない、岩は乾いていてなんとか行けそう?古ぼけた残置スリング数箇所発見。
岩は乾いていますが濡れた沢靴でそーっとのってもなんだかツルツルしています。
(アクアステルスはどうなんだろう?)
仕方ないので残置スリングをやっぱりそーっと引っ張って身体をあげて、ビナを掛けていくA0連発クライミング。
豆焼沢
大滝2ピッチ目
最後は長いぼろいスリングが垂れ下がっていてちょっと不安なのでハーケン打ち(効いてない?)体重を分散させ2段目?の落ち口を右へ逃げへピッチを切る。
HさんYさんの順で登ってきます、やっぱりツルツル滑るA0クライミング。
この後は更に右手の倒木があるルンゼっぽいところを登ると
上部へ抜け更にそのままその上の2段の滝も巻いて降りたところで休憩。
豆焼沢
まだまだ続きますが以後はナメや小滝で、両門の滝へ到着。
暑い東京に持って帰りたいくらい涼しげな滑滝60M、上から素麺を流したらうまいだろうなぁと勝手に想像、滝は好きな所を登れます、気持ちよすぎです。
豆焼沢
両門の滝、右手のスダレ状を登る
豆焼沢
スダレ状50M
この辺りから水が冷たくなり、登るに連れ段々冷えてきました。
小ゴルジュは冷たい冷たい、徐々に急になって高度を稼ぎ、最後の二俣到着。
右手は広い明るいガレと左の水流のある狭くなった急な小滝帯
ここは左へ、小滝を直登すると雁坂小屋の取水口(登山道)へ到着し、握手をして終了。
豆焼沢
雁坂小屋
雁坂小屋(管理人はお出かけ中)までとりあえず行き、沢装備をしまって下山開始。
途中黒岩という展望台に立ち寄り、奥秩父の原生林の深山を感じました。
豆焼沢
黒岩展望台より
黙々と歩いて、林道終点。車道を歩き出合いの丘に戻ったのはちょうど18時過ぎ、久しぶりの充実の12時間行動でした、疲れました。。
あっ、手袋どこかで置き土産、、
スキンガードのウェットティッシュタイプをヘルメットに
くっつけておくとブヨが寄ってきません。

沢登り
落葉の釜の沢東俣

台風2発の影響?時期が遅い?落葉が進んでいました。。 思い立った計画だったので日帰りで登り8時間でし …

沢登り
小川谷廊下2017年7月

昨年は沢登りしなかったので2年ぶり。 初めのうちは少々緊張しまして~。 梅雨明けしたのに梅雨っぽい雨 …

沢登り
モロクボ沢

恒例の足慣らし。 昨年、西丹沢自然教室近辺のキャンプ場で痛ましい事故があった影響なのかキャンプ場や河 …