春日渓谷アイス

12/29
新宿22:30集合~白根道の駅0:30、暖かい。
明日の芦安の状態を心配しつつ就寝、
夜中は暴走族の通過地点であった。。
12/30
6:00位に起床。
芦安の上荒井沢の氷瀑へ、桃の木温泉先の林道へ進むが
行ったり来たり、2往復後荒涼とした河原でやっと崩れた林道を発見して、
徒歩で偵察、車ではアプローチできません!
40分ほど歩いて見事に真っ黒なしみ出しを発見!!
これがトリコルネ?なのかな、
さらに上部をよーく見るとじゃーじゃー流れている滝を発見。。
あれがカモシカルンゼ?マシラ?
ということで春日渓谷へ転進決定。
途中、湯川へ寄り道、ここもまだだめでした。。
この日はひとまず春日温泉の上部の雪が積もってない公園?で幕を張って明日に備える。
やることが無いので16時から21時まで延々宴会でした。。飲みすぎた。
12/31
テントを撤収して出発する頃より雪が降ってくる。
何台か車が登っていくがしばらくすると降りてくる。
チェーンをつけて出発、ちょっと不安ながらもどんどん車を進める、
だんだん雪が深くなり、一つ目のトンネルすぎたあたりでもう上に
登ってくれません。。アプローチで敗退?という雰囲気も流れましたが
徒歩でアプローチすることに、降雪は強くなり膝下ラッセルで時より膝上。
ルンゼ(アソシエイツルンゼ)は埋まってそうだなぁと思いつつ現地へ到着。
これ?ってところで準備をしてSさんが新調のアイゼンなので記念?にトップ。
ほとんどラッセルです。。氷ちょろちょろ、いや無いって言ったほうが正しい?。
3ピッチほど登ったところで、懸垂して下降しました。
はい、どうも埋まっている?&氷が見当たらないので。。
来る途中、通過した羽衣の滝で私がヘトヘトでリード。
トップロープを張り各自1本ずつ登り終了。
帰りですが、来た時のトレースがほとんど消えている。
車があるところまで戻るとそれほど降雪がなかったようで一安心。
慎重に運転して春日温泉へ、ゆっくり温泉で暖まって
佐久から上信越・関越渋滞無しで帰京。JR目白駅で解散。
地球温暖化?11月・12月の冷え込みがないと結氷悪い?、
芦安はホント暖かかったです。2月に登れるんでしょうか??
当初の予定だったソーメン流しも下部の結氷状態はどんなもんだったんだろうと
微妙な気がしました。
冬型になった31日は春日渓谷は降雪でしたが春日温泉より下は、
降雪ありませんでした。
八ヶ岳は山だけ雪だったようです、風はまぁまぁ強かった。
最終日やっと冬山らしい行動ができたかな。。

アイスクライミング
南沢小滝

今シーズンラストかな? 来シーズンぬ向けてのトレーニング!、結氷状態はまだまだ良好でした。 寒い一日 …

アイスクライミング
ジョーゴ沢

新人さんのトレーニングでジョーゴ沢へ、三連休の初日ですがナイアガラの滝は貸し切りでした。 高曇りで日 …

アイスクライミング
4年ぶりの芦安カモシカルンゼ

沢渡から東京へ向かう帰り道での 寄り道アイスでございます。 前回の記録を探したら4年ぶりでした。 朝 …