日帰りで赤岳主稜

日帰りで赤岳主稜に行ってきました。
久しぶりの「山」を満喫といった感じで充実の1日でした。
今冬、初雪山でもあります。風が1日中あったのでいい耐寒トレーニングにもなったかな?
文三郎尾根は何時来ても急でバテバテ。。
慰霊碑の下あたりからトラバースして主稜の取付きへ、準備している間に
ガイドパーティー(3人)が到着して先行しました、その後7人パーティがやってきました。
さて登攀スタートです
1ピッチ目はチョックストーン乗り越しです、取付いてみると意外とあっさりでした。(セカンド)
2ピッチ:トップ、最初の緩い岩場を越えると後は雪稜です。
ガイドさん達が降りてきました??と思っていたら上部は風が強くお勧めしませんとのことでした、丁重にお礼を申し上げました。リーダーの判断で私達は続行。後続のパーティは降りました、故に貸切です
3ピッチ:トップ、ほぼ雪稜ところどころ岩(ミックス)。
4ピッチ:凹状を少し登ったあと雪稜(セカンド)
5ピッチ:4ピッチ目の終了後そのまま雪壁を登り上部岩壁へのルート確認
6ピッチ:上部岩壁にここが核心ですが数メートルです。(セカンド)
7ピッチ:トップ、ほぼ雪稜
縦走路へ合流して赤岳北峰へ
どんどん風が強くなっていくと思いきや、徐々に弱まってきた感じが、いや慣れちゃっただけかも
といった感じ(天気は晴れ)、3月の硫黄岳の強風(吹雪)より弱い印象でした、ゴーグルなど未着。
半分ほどトップで登りました(よく見て慎重に登らせて頂きました)、所々数メートルの岩壁がありましたが、全体的に傾斜は思ったよりも緩かった印象。ビレイ点はほとんどがハンガーボルトでバッチリ、無い場合はピナクル等で工作が可能。
行者小屋の朝
行者小屋前にて

赤岳主稜取付き(文三郎尾根から)
赤岳主稜1ピッチ目
赤岳主稜1ピッチ目の出だしチョックストーン乗り越し
赤岳主稜5ピッチ目
赤岳主稜5ピッチ目
赤岳主稜から縦走へ
赤岳主稜から縦走路へ
赤岳主稜・赤岳北峰から南峰
赤岳主稜の終了点である赤岳北峰から南峰。
赤岳天望荘より瑞垣山、金峰山方面
赤岳天望荘の前より瑞垣山、金峰山方面
地蔵尾根から諏訪湖遠望
地蔵尾根から諏訪湖遠望
[ 動画 ]
行者小屋から横岳・赤岳西壁・阿弥陀
地蔵尾根を下っているころから耐久レースで傷めた左膝が痛み出したので鎮痛剤服用して美濃戸まで歩きました(痛みは一定以上強くならなかったので効いてたのかな。。)
帰りの渋滞は皆無!でスッキリでした。
[ 行程 ]
美濃戸 5:15->行者小屋7:40/8:15->文三郎(慰霊碑) 9:25/9:35->取付き9:45/9:55->赤岳北峰頂上15:00/15:10->行者小屋16:15/16:35->美濃戸18:15

アルパイン等
稲子岳南壁

久しぶりに北八つの稲子岳南壁へ行ってきました。 アプローチは静かな森を歩き穏やかな雰囲気の中での登攀 …

アルパイン等
三つ峠マルチ2本と山頂

中央カンテはつるべで登る。 荷物背負って一般ルート~T字クラック~山頂そのまま下山。 T字クラックは …

アルパイン等
富士山と三つ峠

6/24(土) 開山前の富士山へトレ、富士宮口。 SAKKさんにお付き合いいただき、休憩込みで3時間 …