最近、忙しくなっちゃいました~レッドブル多用中
でもってぼちぼちやってます~
ということで山々峰々の日々はこちら

4年ぶりの芦安カモシカルンゼ

沢渡から東京へ向かう帰り道での
寄り道アイスでございます。


前回の記録を探したら4年ぶりでした。
朝、強風が吹く沢渡、テントの撤収に苦労しました。
6時過ぎに出発、夜降った雪で松本までの国道は雪道ドライブ。
島々まで雪道、高速は韮崎で降りて下道を走って9時過ぎ着。

桃ノ木温泉の奥の林道は途中でつるつる凍結していたので
途中の広場に駐車。1台手前に車あり。
準備しているとその車の持ち主の方が現れて、
初見とのことで氷が見つからないので戻ってきたとのこと。
話を聞くと上部の林道へ進んでしまったようでした。
分岐付近の林道はすでに崩壊していることを話してあげました。

駐車した地点から3分ほどのその分岐。
車道があったとは思えない状態です。
心地良い雰囲気、気温なので快適に林道を歩く。

トリコルネは、上部の真ん中あたりに縦の亀裂があり
落ち口も薄そう、白くなっている、水が流れているなどあり
見るだけにしました。

さらに林道を進むとカモシカルンゼ。
下部のナメは水氷ですが問題なさそう、中段は白くなっているところが多い。。
準備をしてオーダーを決める。下段は目さんリード、上段は平石。
III~III+は安定してリードできますね。
上段は出だしだけなので一番傾斜があるところの基部へ行ってもらった。

スクリューで支点を作ってもらう、
慣れないみたいで少々手こずってたようです。

さて上段の下部はバーチカル部分が一番状態が良いので迷わず登る。
緩い氷を登った後なのでなんだか傾斜が強い感じ。
しかし、その後の緩傾斜が意外と疲れてしまって一息入れながらといった
感じでトレーニング不足を痛感したのであります。

左側から登ったので右のしっかりとした支点へ移動するも
上に上がりすぎて下降できず。
仕方ないので残っていた2本のスクリューで確保支点を構築。

フォローの目さんはバーチカル部分で軽くテンション入りましたが
順調に登ってきて右の支点へ移動してもらいました。

懸垂して終了、初見で来た2名パーティーが下部を登っているところでした
お待たせしてしまいました。

午後になるとカモシカルンゼも陽があたり状態が悪くなりますね。
トリコルネは午前中は陽があたり午後のほうが良いみたいです。

荷物整理して下山。
途中で沸かしかけ流しの温泉に入って帰京しました。
2日間の走行距離は600KMを越えてました~。
未知のエリアに行くワクワク感があって楽しめた2日でした。

アイスクライミングトリップ1週間くらい行ってみたいなー。

カテゴリー: アイスクライミング | 4年ぶりの芦安カモシカルンゼ はコメントを受け付けていません。

乗鞍の善五郎の滝

駒ヶ根ICからすぐの野猿の岩場の氷を登りに行ったのですが
初見で見当がわからず、対岸へ徒渉したものの水がジャージャー流れる堰堤が
A沢とはわからずに下流へ下ってしまいました。BCD沢は上流でした。。
また登り返すのが億劫なのと結氷状態が悪いと勝手に判断し(前々日から暖気と降雨)
乗鞍なら標高高いからよいかもと善五郎の滝へ転進しました。

続きを読む

カテゴリー: アイスクライミング | 乗鞍の善五郎の滝 はコメントを受け付けていません。

吾妻不動

2年ぶりに吾妻不動へ行ってきました。
車でのアプローチはまだ大丈夫でした。
そして結氷状態はまずまず and 貸し切りでした。

高坂SAで5時待ち合わせ、駒寄Pからチェーン規制あり。
冬型が強いんですね。
我々は駒寄Pから降りますが一般道路は雪道でした。

順調に道の駅・八ッ場ふるさと館。
大橋を渡る途中で吾妻不動を見るとF2もちゃんと凍っているように見えた
F1は誰もいないようでした。
車でのアプローチは変わっていなく川原湯温泉駅の手前から下に降りていきます。

駐車場には車がなく一番乗りでした。
取りつきまでのアプローチも特に変化なく踏み抜きしないように
慎重に進む、フィックスもバッチリ健在でした。
あっという間に取りつき。

雪が乗っているのですが
前回、前々回と比較してよい感じの結氷状態。

あーだーこーだで1本登って終了。

F2はジャージャーでした。。惜しい結氷状態。。

懸垂して、ダム完成後のアプローチがあーなるこーなるだろう話をしつつ車に戻り、時間も早いので六合村の大仙の滝を見に行ってきました。
前回登った時よりも状態よかったので白糸の滝も良いと思います。(写真撮り忘れ。。)

来た道を戻り、川原湯温泉の玉の湯の露天でまったりし、
若干の渋滞がありましたが高坂SAで解散。

カテゴリー: アイスクライミング | 吾妻不動 はコメントを受け付けていません。

雲竜渓谷

お初エリアです。
以前、下仁田の氷を登りに行ったときに
栃木の山岳会の方から雲竜渓谷に是非行ってみてくださいと
お勧めいただいたのを思い出し計画しました。

1月最終土日に県警の雪訓が実施され
その際に林道の除雪が入るので快適な?林道歩きが保証?。
とのことらしいので、それも加味して計画です。

内容としてはハイキングとアイス少々という一日でした。
雲竜瀑は一見の価値ありです。

20170204_114921
続きを読む

カテゴリー: アイスクライミング | 雲竜渓谷 はコメントを受け付けていません。

湯川アイストレ

うーん、結氷悪し。
12月のクリスマスの高温・降雨の影響でしょうか。。

現地には一番乗りです!
初級者向きの白髭エリアへ向かいます
気のせいかな?水量が多いような?
徒渉は対岸に荷物を投げてジャンプ。
20170114_081158 20170114_095055 20170114_113826
誰もいません。
なんとかSAKKさんにもちょうどよいところがあったので
回り込んでトップロープをセット。
登れる氷のパートは8M程度。
スクリューのセットや回収しながら等
せっせと各自6本登りました。
登っている間に写真の人や他のパーティが到着。

一気に登ったのであっという間に疲れてしまいました。
他に登れるところがありましたが
他パーティが使用中なので他エリアを偵察。

乱菊方面はミクロトワソン×、修行の滝×
乱菊の氷柱は想像がついたのでちゃんと見てません。。
ということで行動終了としました。
湯川上空は晴れたり曇ったり雪降ったりの天気でした。

寒波ということで八ヶ岳連峰、南アは雲の中、
金峰、瑞牆は雲がかかっていませんでしたね。
20170114_121815
防寒テムレス(Amazonで¥1,254)を使ってみました。
湯川であったパーティに各1名以上は使っている人がいました。
ゴム手なので濡れない、名前の通り手さらさら蒸れないです。
薄手の手袋と組み合わせてポカポカでした。
作業用の手袋?なので操作性も合格点。

カテゴリー: アイスクライミング | 湯川アイストレ はコメントを受け付けていません。

北八・天狗岳、初日の出失敗2017元旦

見事に失敗しました。

画像は、降りてきて、唐沢鉱泉のお風呂にどっぷりつかり

降りてきてエコーラインあたりからの天狗岳です。

満天の星空の下、出発したんですけどね。。年越しは車中だったし。

風が強いと雲が取れないです八ツ。割と多い天候。

気を引き締めろという神のお告げか? 安全登山で2017年参りたいと思います!

20170101_104028

カテゴリー: 一般登山 | 北八・天狗岳、初日の出失敗2017元旦 はコメントを受け付けていません。

広河原3ルンゼ

20161224_110736

1・2、3ルンゼ出合

昨シーズン、舟山十字路までの林道が積雪で進めず
アプローチ敗退した広河原3ルンゼに行ってきました。

前夜発、道の駅こぶちさわで仮眠。
4時半起床で舟山十字路へ向かう、昨年とは打って変わって積雪ゼロ。
駐車場は意外にも空きがまだたくさんあった。

6時までにヘッデンで出発、
広河原二俣に到着するころには明るくなっていた。

テントは数張で雪が少ない。
左俣方面へ出発するテントのパーティあり。
20分ほど休憩して本谷方面へ出発する。
積雪が少なく沢は凍っていない。
あてにしていたトレースがないので
前回の記憶を思い出しながら適当に進む。

右俣への分岐で2パーティがアイゼンを着けていた。
1パーティはクリスマスルンゼを登って稜線まで抜けるとのこと。
我々は本谷へまっすぐ進む。

すぐにお釜があり凍っていない滝に出くわして
高巻の途中でアイゼンを装着。

その後は冬の沢登り?といった趣で
発展途上の氷瀑を濡れないように登ったり
ナメを歩いたり。。踏み抜きに注意したり。
この先ちゃんと凍ってるんだろうかと思いながら進んでいく
CS滝がいくつもある?ようでルート図と合致しない?
としょぼい滝を越えていった先に、開けたところに出る。
左に結氷中の垂直の氷瀑、真ん中は本流、右からルンゼが入る。
はい、ここで完全に騙され正しく間違った枝沢に入ってしまいました。
ルンゼに入るとすぐに大滝がある?登れど見えてこない。。
埋まったかな??と進んだら尾根へ出てしまいました。
がっくりしつつもまだ時間があるので懸垂1回しながらもとに戻る。
約1時間ロス。

元に戻り真ん中をまっすぐ進むとCS滝、左からロープ出す、
すぐに本物の出合。3ルンゼからのデブリがすごい、1~2日前のものだろうと
想像する。前々日から前日は異常な暖気、そして標高高いところでも降雨があったとのこと(SAKKさんが鉱泉に電話して聞いた情報)で雪崩がやっぱりおきるんだと納得した次第。

3ルンゼに入ると大滝が見えるがその手前に雪崩の破断面がはっきり残り
底雪崩だった模様。気持ち悪い眺めですがその上に乗らないと進めないので
一応静かに大滝にアプローチ。

20161224_113935

大滝といっても2段になっていて1段目と2段目にスクリュー1本つづセット
ちょうどよい堅さで快適。スクリューで支点を作ってあがってきてもらった。

登ると目の前に上の二俣、左はナメというかほぼ雪面、右にはバーチカルな氷瀑(その上にももう一つ滝が見えました。)。
登れるか近づくと右半分はジャージャー水が流れ、左半分は小さいカリフラワー状の集合体で
全体的にもろそう、んでスクリューが効かなそう、そしてもう疲れた。。
ので左のナメを登るというか歩く。

20161224_123040

大滝登ってすぐ上の二俣、左ナメ、右垂直

右の尾根から離れないように、時よりずぼっと深雪にはまりながら稜線を目指す。
雨が降って凍ったような雪面もあり、早々に抜けたい気持ち。
天気がほぼ霧の状態でいまいちどの辺かわからないが稜線は近い。
岩場に突き当たる前に歩きやすいところを選んでトラバース、
そしてルンゼ状を登っていくとぼんやりとP3ぽいのが目前に、
さらに近づくとP3トラバース道のワイヤーが見えた。

20161224_131150

P3基部

歩きにくい雪面から解放され高速道路状態の南稜稜線は快適でしたが、
稜線は風があるのでしばらく降りてから休憩と完登の握手となりました。

南稜の下山ですが、何回も通っている道ですが下降は初なので新鮮でした。
青ナギから本谷方面への下降点も確認できこれは収穫。

20161224_144301

下の滝が1.2、3ルンゼ出合

立場山からの急坂は凍結した地面にうっすら乗った積雪にストレスを感じながらの下り。
そして旭小屋へ下らず、そのまままっすぐ広河原方面への赤テープを辿った道も同様で途中でアイゼン出そうかと思ってしまいました。

何だかんだで舟山十字路には落日とともに到着。
ヘッデン出さずに帰れました。
上の二俣の垂直の滝を登っていたらプラス1時間だったと思います。

もみの湯で解凍して渋滞無しの中央道で帰京。

舟山十字路 5:50 – 6:40 広河原二俣 7:00 – 9:20 間違えた出合い – 間違えた枝沢 – 3ルンゼ出合11:10 –  11:40 大滝下 – 12:15 大滝上(上の二俣) – 13:10 P3基部 –  青ナギ 14:40 – 16:40 舟山十字路

20161224_145728

権現岳、編笠山

カテゴリー: アイスクライミング | 広河原3ルンゼ はコメントを受け付けていません。

八ヶ岳 三叉峰ルンゼ

お初です。三叉峰ルンゼ。

裏同心、ジョーゴ沢とこの時期行ってますがマンネリ化。

横岳の稜線へ抜けるスケール感がいまいち分からず新鮮な感じでした。

核心はF2の氷柱状3Mだけ、ルンゼの傾斜は急なので一気に高度が上がる感じでした。

dcim1953

最後の石尊稜上部岸壁ではルンゼからリッジへの切り替えができずビビッてしまった。

20161210_16303320161210_160105

美濃戸→赤岳鉱泉→三叉峰ルンゼ→石尊稜上部岸壁→稜線→地蔵尾根→行者小屋→南沢→美濃戸 11時間行動。地蔵尾根で日没、行者からはナイターでした。

カテゴリー: アイスクライミング | 八ヶ岳 三叉峰ルンゼ はコメントを受け付けていません。

2016年裏同心ルンゼでシーズンイン

まだ気が早い?んなことはない。

充分登れました。快晴無風でルートを抜けた後は最高の眺めを堪能しました。

でもだんだんと、登れる期間が短くなる気がしてます。

ぽかぽかで耐寒トレーニングにはならなかったので。。

20161203_105834 20161203_124846 20161203_110432 20161203_103923 20161203_143020 20161203_111203 20161203_124846

カテゴリー: アイスクライミング | 2016年裏同心ルンゼでシーズンイン はコメントを受け付けていません。

奥穂高南稜2016秋

dcim1822以前、GWに計画しましたが天候が悪く断念し
いつの間にかちょっと忘れていたルート。
しかし、SaKKさんのリクエストがあり、時期は違うけれど
トライすることになりました。

20160925_094359

上高地からも分かるトリコニーを通過して南稜の頭へ抜ける、そして奥穂。と、なかなか面白いルートでした、ウェストンによる初登ルートとのことですが当時の装備で登ったことを想像すると感服する次第であります。

続きを読む

カテゴリー: アルパイン等 | 奥穂高南稜2016秋 はコメントを受け付けていません。